お金を増やす5つの方法

【保存版】お金持ちが実践するお金を増やす5つの方法※投資初心者向け

投資

メインビジュアル

動画を見る

このサイトチャンネルは、貧乏な母子家庭に育ちながら、日々節約に取り組み、ビジネスと投資で成功、超富裕層と呼ばれる水準まで資産を築くことに成功した私が、これまでに実践してきた節約、仕事、投資に関する様々な知識を発信しています。

さて今回の特集動画では、お金持ちが実践するお金を増やす5つの方法というテーマで、定期預金、国債投資、社債、インデックス投資、IPO投資という5つの方法を解説お話ししてきたいと思います。

お金を増やす5つの方法・イメージ画像

今回ご紹介する方法は、私自身が実践している方法の中で、投資初心者の方におすすめできるものを厳選しました。

お金を増やす方法は、このサイト動画で紹介している以外にもいろいろあります。例えば去年1年で4倍以上に上がったビットコインもその1つです。ただ私はビットコインに投資していませんし、ビットコインは今後も大幅な値上がりが期待できる一方で、値下がりリスクも大きいため、今回のお金を増やす方法からは除外しました。

ビットコイン投資を検討されている方は、他の動画を閲覧することをおすすめします。

また仕組債投資やヘッジファンド等、高度な金融知識が求められるものも今回は除外しています。これは後日上級者編として解説するので、興味がある方は是非チャンネル登録をお願いします。

それでは早速本題に入ります。

お金を増やす方法 その1 定期預金

なんだそれと思われた方もいらっしゃると思いますが、ちょっと聞いてください。
単純に定期預金と言っても実は銀行によって金利は大きく異なります。例えば郵便局やメガバンクなら、1年で0.002%程度の金利しかつきませんが、auじぶん銀行が1月末まで実施している冬の定期預金キャンペーンなら1年もの円定期の金利が0.2~0.4%にアップします。こういうキャンペーンを上手く活用すると、定期預金で効率よくお金を増やす事できるので、定期的に情報をチェックしましょう。

ちなみにお金持ちになると、一部金融機関でエグゼクティブ定期預金という一般には販売していない定期預金を作れるようになります。この定期預金の金利は0.8%程度です。一定の資産を気付けば、定期預金を利用する際も有利です。

こういうほぼリスクを取らずお金を増やせる方法をばかにしてはいけません。是非みなさんも実践してみてください。

お金を増やす方法 その2 個人向け国債

お金を増やす方法その2は国債投資です。国債と言うのは国が返済を保障した借用書のことです。

私も昔は投資したことがありますが、金利面での優位性が乏しいため、今は投資していません。ただ定期預金と変わらない金利で投資できるので、ご紹介しておきます。

個人向け国債には3年、5年、10年がありますが、物価の変動によって金利が変わる10年変動金利型がおすすめです。

この10年固定金利型を大和証券や日興証券等、個人向け国債購入キャンペーンを実施しているところで購入します。

現在実施しているキャンペーンだと100万円買えば1,000円、1,000万円買えば14,000円もらうことができ、プラス0.05%の金利を受け取れます。国債は1年経てば1年分の金利を支払うことで、いつでも解約できます。この仕組みを利用すれば何度もキャンペーンを利用できます。

1年ちょっと前までは100万円につき5,000円、1,000万円購入すると5万円もらうことができ、利回りにすると0.5%以上と非常に高かったのですが、最近はキャンペーンが縮小されており、0.1~0.14%程度の利回りになっています。

以前と比べるとお得度は低くなりましたが、上限なく購入でき、リスクは極めて低いので、興味がある方は検討してみるのも良いでしょう。

お金を増やす方法 その3 社債投資

3つ目は社債投資です。社債というのは企業が発行する借用書のことです。決められた期間保有する事で、企業が倒産しない限り、元本と金利が保障されます。基本的に社債の金利は、その会社の信用度を考慮した上で、国債金利+アルファで決まります。

例えば2020年4月にSBI証券が募集を行ったSBIホールディングスの社債、SBI債は2年満期で利率は0.6%、マネックス証券が2020年4月に募集を行った個人向けマネックス債は、1.5年満期で利率は0.6%でした。

社債投資・イメージ画像

購入するためにはSBI証券の口座やマネックス証券の口座が必要です。ほとんどの場合、先着順で受け付けを行い、すぐに完売してしまうので、興味がある方は口座開設しておきましょう。

ちなみにソフトバンクグループも定期的に社債を発行しており、2020年4月に募集したものは、期間6年で利率は1.64%でした。金利はとても良いのですが、期間が長く信用格付けが低いため、私はこの募集に関しては購入を見送りました。ソフトバンクは潰れない、魅力があると思う方は、ソフトバンクの社債も選択肢の1つです。

お金を増やす方法 その4 インデックス投資

4つ目は株式投資の手法の1つ、インデックス投資です。株式投資には実は様々な種類があり、株価指数に投資するインデックス投資、個別銘柄に投資する個別株投資、不動産投資信託(REIT(リート))への投資、新規公開株に投資するIPO投資等が代表的なものです。

私が投資初心者におすすめするのはこの中の1つ、インデックス投資です。投資する指数は日経平均でも米国のS&Pでも良いと思います。インデックス投資する際は、毎月数万円、3か月に数万円等でルールを決め、株価が高かろうか低かろうが淡々と買い続けることが重要です。

これはシミュレーションすればわかるのですが、20年間前からコツコツS&Pに積み立てていた人は資産が約2倍になっており、年率換算で平均6%を超える利回りを手にしています。

インデックス投資する際は、買付手数料や管理費用が安い商品を選びましょう。私のおすすめは、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)です。

様々なこの商品を証券会社が取り扱っていますが、楽天証券であれば、積立投資しつつ、楽天スーパーポイントも溜めることができるので、おすすめです。

楽天証券・サイトイメージ

楽天証券

インデックスファンドの中でも、圧倒的な手数料の安さを誇るeMAXIS Slimを取り扱う。株式取引かかる手数料が安く、取引に応じてポイントを貯めることができるため、お得を追求投資家かから、特に高い評価を獲得している。

楽天証券 公式サイトへ

無理のない範囲で投資を続け、長い目で安定的な利回りを享受したい方は、インデックス投資を検討しましょう。

お金を増やす方法 その5 IPO投資

最後の5つ目はIPO投資です。これはここまでにご紹介したどの方法よりも、投資効率と言う点では良いと思います。手法は簡単で、値上がりが期待できるIPO銘柄の公募に応募、当選したら初値で売るだけです。

この表はIPOに当選し、初値で売った場合の勝率です。

IPOの勝率と初値売りした際の平均上昇率

勝率 初値売りの平均上昇率
2015年 89.1% 87.5%
2016年 80.7% 71.4%
2017年 91.1% 112.4%
2018年 88.9% 104.9%
2019年 88.9% 68.2%
2020年 74.7% 105.63%

2020年は株価が大暴落した3月、4月のIPOが軒並み厳しい結果になったので、勝率は少し低めですが、平均すると8割以上の確率で勝つことができます。また平均上昇率も桁違いの高さです。

IPO銘柄に当選する方法はいろいろありますが、もっとも一般的な方法は、完全抽選がある証券会社に口座を作り、応募し続けるという方法です。IPO投資に本気でチャレンジしている方は、自分だけではなく、家族の口座も作り、応募を続けているケースも少なくありません。

当選する確率は何十分の1、銘柄によっては何百分の1ですが、応募し続けていれば必ずいつか当選します。それは学生時代からIPO投資にチャレンジし、100回以上当選している私が保障します。

お金を増やす方法はいろいろありますが、IPO投資はその中で唯一ローリスクハイリターンを期待できる投資法です。

是非みなさんもチャレンジしてみてください。ちなみに私がIPO投資する上で、この証券会社の口座は鉄板だと思うのは、SBI証券、マネックス証券、CONNECT(コネクト)の3社です。

この3社とも完全抽選枠を用意しているので、IPO投資するなら必須と言えます。この動画の内容をまとめたWebサイト上で、なぜこの3社でのIPO投資が有利なのかを詳しく解説しているので、興味がある方は是非チェックしてみてください。

SBI証券・サイトイメージ

SBI証券

ネット証券最大手。数あるネット証券の中でもIPOの割り当てが一番多い証券会社の1つ。自身が主幹事となる銘柄も少なくない。IPOに外れてもIPOの当選確率がアップするIPOチャレンジポイントを付与。外れれば外れるほど、次回以降の当選確率がアップする。IPO投資家にとって、必須と言っても良い証券会社の1つ。

SBI証券 公式サイトへ

マネックス証券・サイトイメージ

マネックス証券

ネット証券大手の一角。マネックス証券もSBI証券程ではないが、IPOの取り扱いが多い証券会社として広く知られている。マネックス証券は預け入れ資産を一切考慮しない完全抽選を実施。誰にでも当選する可能性があるという意味では、マネックス証券は外すことができない注目の証券会社と言える。

マネックス証券 公式サイトへ

CONNECT・サイトイメージ

CONNECT

大和証券グループのスマホ証券。割安な手数料に加え、大和証券グループと言う強みを活かし、IPO銘柄を多数取り扱う。大和証券はIPOの主幹事になる事が多いため、株式の配分も多い。まだ多くの人に知られていないからこそ、今のうちに口座開設しておき、IPOの抽選に当たりやすいというメリットを享受しよう。

CONNECT 公式サイトへ

今回の動画は以上です。

もしこのこの動画が少しでも役に立った、面白かったという方は是非いいねをお願いします。今回は投資初心者向けの内容でしたが、投資上級者向けにおすすめのお金の増やし方もこのチャンネルで解説していきます。もし良かったらこの機会に是非チャンネル登録もお願いします。

それではまた次回の動画でお会いしましょう。

動画で見る